読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の夏2;借りた本はサクサク読める

2014年上半期、友人に拝借、または頂いて読んだ本(順不同)「中井英夫展」記念誌 ド・ローラ節子が語る バルテュス 猫とアトリエ作者: 夏目典子,NHK出版出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2014/04/16メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (…

読書の夏1

2014年上半期購入した本(順不同)デヴィッド・ボウイ コンプリート・ワークス作者: パオロ・ヒューイット,大田黒奉之出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント発売日: 2013/12/15メディア: 大型本この商品を含むブログ (2件) を見るDuffy Bowie: Fi…

安西水丸さんと沢野ひとしさん

先月イラストレーターの安西水丸さんが脳内出血で亡くなられた。享年71歳と知ってびっくりした。 「アルネ」のモデルさんした時も素敵でした。 熱烈なファンではないが、こんな大人になりたいなあと思わせるお一人でした。 私が、とても好きだったエッセイ集…

アイリーン・ベッカーマン

「クウネル」最新号に、アイリーン・ベッカーマンさんが登場しています。 ご健在でうれしいなあ。 彼女は60歳の時「あのとき私が着ていた服」という本を出版しました。 1950年代が青春時代だった頃の、ごく普通のアメリカの女性。 彼女は洋裁のとびきりうま…

 九千円

亡くなった義姉は、読書家を自負していたわけではありませんでしたが、それでもブック○○で整理したときは、ダンボール箱17個分ありました。それで買い取り価格九千円!でした。 姉は古本屋さんに売るとか、読んだ本を処分するとかしなかったと思います。(2…

私が選ぶ国書刊行会の3冊

国書刊行会が、創立40周年記念した小冊子を書店で入手。 選者の顔ぶれも、幅広くて彼らが選んだ本3冊に寄せる一文も、思わず熟読してしまうほど、 贅沢な非売品だ。 私は、何冊国書刊行会の本が蔵書にあって、そのベスト3ってなんだろう。 読後すぐ、そう思…

「ディアギレフ」

私は、この人に関係する本ならとりあえず読む!(買う)と決めた人たちがいる。 あまり増えないけれど。 このバレエリュス(ロシアバレエ団)創設者のディアギレフも、その一人。 2月に最新の伝記がでた。 十代のころ、何故20世紀初頭のヨーロッパにばかり、…

読書の楽しみ

2月3日のテレビ「アメトーク!」は読書芸人特集だった。 久しぶりに純粋に読書が好きな人の話が聞けて、3回もビデオを見た。 特にこの特集のリーダー「又吉直樹」は本物の読書好きだった。 どちらかと言うと、ピースの相方のほうが存在感あった気がするのに、…

一年をほんの少し、振り返る

毎年恒例の、ぎりぎりになるとやる大掃除もやっと一段落。 リビングの本雑誌CD、書棚の上の紙モノだけはすっきりしました。 同じく恒例の本のベスト10もしたかったのですが、 お恥ずかしいことに10冊もないですねえ ハリーポッターシリーズ完読(長い年月が……

「スピード オブ ライフ」

鋤田正義氏の写真集です。 ジェネシスから、ミックロックのデヴィッド・ボウイの超豪華写真集が出版された時 彼はジギー時代には強いけど、もっと他の時代のボウイ写真集があったらなあと思いました。 するとボウイの幼馴染でツアーにも70年代は同行していた…

美しい本

『先日、「シナの門」で、日本のデッサンを何枚か買った。 布のような紙の上に印刷されていて、それがウール地のようなやわらかさだ。 芸術として私はこれほど見事で奇想天外で素晴らしく詩的なものを見たことがない。 まるで羽の感触のように繊細で、ほうろ…

アリエッティ…

メリー・ノートンの「床下の小人たち」を読んだ。 いつも思うことだがイギリスの児童文学は、構成がしっかりしていて終わりまで矛盾がない。 それに20世紀初頭のイギリスの生活ぶりがディテールの詳しさで、読んでいても 目に浮かぶよう。 丁度お金持ちはイ…

「ジョカへ」

久しぶりに大島弓子先生の漫画「ジョカへ」を再読した。 頁いっぱい花が咲き乱れる、目にきらきらした星のある主人公少女漫画の王道を行きながら、かわいさだけに終わらない。 少年シモンは誤って未完成の性転換薬を服用し姿を消す。 そして数年後「男でもあ…

7月に購入した本

欲しい本に巡り合ってしまい(言い訳)結構買ってしまった。 どれも装丁も気に入りました。ぴあ [最終号]出版社/メーカー: ぴあ発売日: 2011/07/21メディア: 雑誌購入: 2人 クリック: 203回この商品を含むブログ (30件) を見るこれは、私の世代にはお勧めで…

読んだ、読んでる途中の本、欲しい本リスト

読んだ、読んでる途中の本「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)作者: J.K.ローリング,J.K.Rowling,松岡佑子出版社/メーカー: 静山社発売日: 2008/07/23メディア: ハードカバー購入: 22人 クリック: 228回この商…

正月休みの読書

友人から拝借の「砂漠」伊坂幸太郎著読了。 知り合いの大学生が「伊坂幸太郎」を友人に勧めてくれたそうだ。 546ページあるんだけど、麻雀の件が辛くて途中放棄したくなりました。そのあたりは飛ばし読みで。 仙台で国立大学に通う主人公の大学生活4年間に、…

疲れながらも読まずにいられない

それから、大変忙しい日々が続き、久しぶりに廊下も小走りでした。 昨日の土曜日は、深いお昼寝をしてしまいました。疲れてますねー その状態で、「東洋文庫ガイドブック」「東洋文庫ガイドブック2」にはまり、これは凄い!と久しぶりに日本人の知性にうっと…

Looking for「陰鬱な美青年」

ここに書くとまた相場が跳ね上がるのでは?とネタにしませんでした。 それほど、観てる人もいないので、メモがわりに記します。 もう何年も探している本です。 読みたくてしかたありません。 学生時に、よく行った本屋さんでよく見かけてました。 立ち読みし…

「オン・ザ・ロード」

ジャック・ケルアック著、1977年「路上にて」という題名で出版された方を私は購入。 デヴィッド・ボウイが、少年のころ兄に勧められて読み、多大な影響を受けたという本なので、 絶対ファンなら読んでおきたい一冊である。 ところが、初めのほうで挫折したま…

アレキサンダー・マックイーン

山口小夜子さん特集のテレビから、ファッションショーのYOUTUBEでいろいろ見ていると、 そういえば今年の2月に40歳で亡くなったアレキサンダー・マックイーンのファッションショーも、 もう見られないんだと寂しくなりました。 もちろん彼を知ったのは、デヴ…

「BECK」

リアルタイムで、息子に借りて全巻読んだので、かなり愛着ある漫画です。 特に初めの方が斎藤さんの登場とか脇役も、面白かった。 主人公コユキが、「BECK」という名前の個性的な犬に出会ったことから、ロックに興味を持ち バンドのヴォーカルとして、驚…

「告白」

湊かなえさんの第一作目ですが、もおー大絶賛です、私。 昨夜ほぼ8割読んで、もったいないので朝続きを読了。 3学期が終わる中一の教室で、担任である女性の教師は、今日で退職することや、自分の生い立ちから始め、一か月前に起きた事件について 生徒全員…

「かもめ食堂」

DVDで映画を見て、私とは真逆のサチエ(主人公)だけれど、だからこそ暮らしぶりにあこがれました。 友人から本を借りて、読んだら、サチエ、ミドリ、マサコのプロフィールが良く分かりまた別の印象を持ちました。 映画は、ちょっと終わり方とかファンタジッ…

萩尾望都先生!!

今日は、とても家に居たくないと思うほど暑かったので、 千里山方面に出かけました。 いろいろ用事があったのですが、途中で喫茶店で2時間ほど避暑して お茶しながら読書してました。 千里山は元住んでいた地区で、銀行もそのままなので何かと出かけるのです…

最近、読んだ本

増大派に告ぐ作者: 小田雅久仁出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/11/20メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 33回この商品を含むブログ (25件) を見る第21回日本ファンタジー大賞受賞 バトルロワイヤルとか、となりまち戦争とか身近で架空の世界が広がる…

「夜のみだらな鳥」

先月は、落ち着かない毎日だったので、「あー!この本!」と思った朝日新聞の記事も 切り抜きを忘れてしまった。 それは、作家筒井康隆氏が、ドノソの「夜のみだらな鳥」についてとても丁寧な感想を述べている記事だった。 筒井氏もお気に入りのようでした。…

職場で喜ぶ

今度の異動になったチーム、多忙と何もない日の落差が、ジェットコースター並みなんです。 今一つ自分のポジションがわからないです。 私は、ずっと個人で奥まった仕事をしていたのですが、今のような仕事がスタートだったことをすっかり忘れてました。 そう…

トマス・ピンチョンの「V.」

新潮5月号を迷ったけれど、購入しました。 新世紀トマス・ピンチョンと題して特集があったからです。 懐かしいなあ。 「V.」かっこよくって好きだったんだよね〜 でも、次に出た「重力の虹」が難解だって聞いてフェードアウトしました。 まだ特集も未読です…

「新編 別世界通信」到着 

2002年初版で、折り目もない美しい古書を入手できました。 前回も書いたけれど、元版のブックリストは、私には多大な影響を与えてくれて道しるべとなりました。 今はは、読み返してもファンタジーの領域を軽々と越えた心地よい本がたくさん登場します。 ジュ…

「新編 別世界通信」

今日の朝日新聞新刊紹介欄に、荒俣宏氏の「アラマタ美術誌」が紹介されていました。 荒俣=博物学でしたが、美術の造詣も半端じゃなく新聞にも「美術の枠超え…」とあり楽しみです。 荒俣先生は、憧れの読書家です。好奇心旺盛、行動的なところ、社交的、丈夫…

現代と近世のフランス

「優雅なハリネズミ」はとっても読みたかったフランスの小説。 やっと図書館で借りることができたのに、初めて知ったころより気持ちの鮮度が落ちてしまって…残念です。 読めてうれしいのにノリが悪い。 高級アパトルマンの住人たちのお話ですが、日本通の少…

大人げない大人

昨日の高橋大輔選手のショートプログラム! 素敵でしたねーー 目が眩んでしまって大変でした。(私の脳内で) 私は最高の演技を確信してましたが、その確信の予想5倍くらい上行きました。 昨日は今日と振り替え休日にしてもらったのも、この日のためなんです…

「メンズウエアの100年」

昨日は、ブルーな一日でした。 そうか、サリンジャー死んだのか。 サリンジャーというより、ホールデン・コールフィールドが死んだ気分。 あの本何回読んだかなあと、思うのだけど、今は読みたい気分になれず。 「愛情物語」が大嫌いで、「素敵」って表現も…

やっぱり少佐は「人間的魅力も並外れていた」

今年に入って、量、質ともに重い本を読んでいます。 とくにこの本「ボリス・ヴィアン伝」に出会えたことはうれしい。私が、少佐(マジョール)を特別こだわりだしたのは、早川書房のボリス・ヴィアン全集を集めはじめたことが、大きい。 一巻目の巻末にあっ…

絲山秋子「海の仙人」「イッツ・オンリー・トーク」

書いた順に読みましたが、「イッツー」で文壇デビューの文学界新人賞。 「海の仙人」は2年後に芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞してます。 どちらも読みやすく薄い中篇小説ですが、巧い! 登場人物が、私にはとても素敵に見えるし、流れのテンポが小気味良い…

「大人のためのイギリス児童文学」

書店でこのテキストを見つけたときは「いいじゃないの!」と喜び勇んで即買いました。 登場する作品は、永遠に読み継がれる同じみがいっぱいですが、 好きな作品は沢山あってちょうど購入した日が、開始初日だったのもうれしかったです。 しかし… 夜になって…

「しがみつかない生き方;「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール」

友人と書店で待ち合わせして「気になってる新刊があるの」「私も」と話すと偶然同じ本でした。 私は新聞で、友人はTVで知って書名だけで、自分だと思ったんです。 購入して半分以上読みましたが、10のルールがピンポイント、今の女性に絶妙なアドバイスです…

江戸川乱歩の蔵

職場でこのお菓子を頂きました。 面白いネーミングの上、ブッセのなかはドライフルーツの面影を残す杏のジャム。とっても私好みのお菓子でした! ネットでお取り寄せしようかと調べると、なんと!江戸川乱歩先生ご贔屓のお店で作品にも登場した由緒ある菓子…

「レースつけるだけ」

この本のサブタイトルは「簡単でかわいい、ガーリーリメイク」でモデルも愛らしい西洋の乙女なんですが… 私は、このレースを利用したファッションフォトの数々を眺めて、 「あーー将来はこんなファッションの似合うおばあさんになろう!」っと思いました。 …

「『かわいい』の帝国」

表紙が今風の「かわいい」をちゃんと表現している。 なかなか凝っていて角度でバラの小花模様が浮かび上がる。 サブタイトルが「モードとメディアらと女の子たち」とあるように、「かわいいとは?」をモード現象から書いていています。雑誌の特徴の分析の仕…

雄鶏社

紀伊国屋書店に行くと「雄鶏社の在庫セール50%オフ」が開催中でした。 今年倒産した、手芸雑誌の老舗だった出版社。 ちょっと前までは、日本ヴォーグと文化出版局とここでした。 むしろ手芸ブームが最近また来たなって思えていたのに… 残念だなあ。 昔の手…

「朗読者」

本年度のアカデミー主演女優賞は、この本の映画化「愛を読むひと」で主演したケイト・ウィンスレットでした。 6月19日映画公開だそうで、テレビで短い予告を見て、何年も前に古本屋さんで原作である「朗読者」を購入したままなのを思い出しました。 昨日、気…

「ハリーポッターと謎のプリンス」上下

ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)作者: J. K.ローリング,J. K. Rowling,松岡佑子出版社/メーカー: 静山社発売日: 2006/05/17メディア: ハードカバー購入: 9人 クリック: 68回この商品を含むブログ (512件…

ずっと好きなひととき

それから、また30分程歩いて、大型書店で30分程立ち読みしまして、 これ↓を購入。 近くのスターバックスでとっても共感しながら半分以上読んでしまいました。 そこではいつも珈琲はマグカップに入れてもらい、たっぷりのMサイズです。 今日は先着15名に試食…

「キルトで綴る日々」

とても美しい手芸の本を見つけてしまいました。 パッチワークの本なんですが、いわゆるきっちりお針仕事的息苦しさがありません。 偏見でしょうが、手芸のなかでも「きっちり感」が苦手でパッチワークには魅力を感じませんでした。 でも、この本は違いますね…

「すきまのおともだちたち」

江國香織作だし、こみねゆら絵だし、かわいい文庫なので。 買って、ソファでごろごろして3時間で読了。 でも、余韻の残るとても含蓄のある小説でした。 児童文学のようで、私のような児童じゃない人にも江國香織の本は「これって…」という なぞなぞを置いて…

「アースシーの風;ゲド戦記第5巻」

お正月休みに読了したのは、この本だけです。(図書館で借りました) 1976年に日本で出版されてから、2003年でこの5巻が出るまで実に27年です。 少年ゲドが5巻では、70過ぎの老人です。 私は、ちょうど4巻目が発行された頃(1990年代半ば?)職場の友人に4巻…

広瀬正全作品が復刊していた!

どうして、見たい映画もコンサートもテレビも12月に集中するのでしょうかねえ? 泣く泣くいろいろ諦めました。特にボリショイバレエ、あがた森魚の東京でのプラネタリウムライブ、栗コーダーカルテットの綿業会館でのライブは惜しいなあ 今日新聞の新刊広告…

日記が好き。その2

「僕は散歩と雑学が好きだった。小西康陽のコラム1993-2008」の読書がとまりません。 日記のほかに、「コラム、レコード評、対談etc.」とても魅力的構成。 活字が好きで、「自分が好き」な人ならこういう自分本を夢見るのではないでしょうか? 私もこの本に…

日記が好き

実は、私には秘めたる嗜好がある。 他人の日記を読むのが好きです。 家族とか、友人とか身近な人の日常がどうのこうのって日記は、全く興味ないですが、ちょっと面白い日々を送っている人、アヴァンギャルドな方の日記を読むのが好きなんです。 だからblogも…