読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都で「山本容子展」

鑑賞

 京都のギャラリーでの個展なので、鑑賞+美味しいもの+お店巡り目的で、先日京都に友人と行きました。
わりと近いんだけど、なぜか旅人気分になってしまうんですねえ京都は。
町屋のイタリアンで、日替わりランチを食べてから、「山本容子展」に。*1
山本容子さんのリトグラフ、好きです。
でも今よりもっともっと好きだった時期がありました。
個展も大規模開催に過去3回は行きましたし、リトグラフも一点ですが、買いました。
今もとっても気に入ってます。コレ↓

その作品を今見ると1999年とありまして、あーーこの頃が私の山本容子ブームの頂点だったのかなあ
私は、単純に動きがあって、色使いが好きなんですが、依頼のあったテーマを作品(挿絵等)にする仕事が多いですよね?
だから、以前見た私の大好きな「赤毛のアン」も「不思議の国のアリス」も、素敵なんだけど、山本さんの本心は描きたかった題材なんだろうか?とちょっと思ったりしました。
 今回は個人のギャラリーなのに意外と沢山の作品が見られましたし、それも「不思議の国のアリス」新作バージョンがあり見ごたえがありました!
お店の方の説明では、前回は1994年に一度同じテーマで作品にしましたが、今回はこんな閉塞感のある時代だからこそ「アリス」なんですよ。とおっしゃってテーマにされたそう。
今回の方が、自由に「不思議の国のアリス」のお話を膨らませた構図が、面白かったです。
テニエルの有名な挿絵の山本容子バージョンじゃなく、アリスの世界そのものを彼女が描いていてさすが素晴らしい。作品は手が出ないので、画集があれば欲しいなあ
 
 それからまぶしい日差しのなか、沢山歩き、何軒かのショップであーだこーだと楽しみました。
友人はワンピース、私は銀の指輪を購入。
オーダーして一ヶ月半後に届くそうです。楽しみだわあ♪