読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あがたさんの家

音楽

 今月は、あがたさんにテレビと週刊誌で会うことが出来ました〜
今週号の「週刊文春11月26日号」連載「新・家の履歴書」が、あがた森魚の巻でした。
あまりプライベートなことは語らないし、私も北海道留萌で生まれ、小樽、青森県、函館で過ごして上京ということしか知りませんでした。
この「履歴書」は育った家を語りながら、けっこう深く自叙伝のようでもありました。
あがたさんは1969年に、見つけたビラ「ロックはバリケードをめざす」でコンサートに出かけてぶっ飛びます。
のちのはっぴいえんど早川義夫遠藤賢司
彼らをみて「俺のやりたかったことはこういうことなんだよ!」って思ったんですね。
そして「デモテープ募集」のチラシをみて電話します。
あーこんなきっかけでミュージシャンになったのかあと、今更ですが知りました。
 デビュー当時のあがたさんは長髪で、眠たそうな大きな目をしてましたが、幾星霜は初老のおじさんに変えてました。(外見は)
 
 またその風貌がドラマでいい味だしてましたねー
深夜食堂」第五話「バターライス」流しのゴローさんで登場。*1
残念ながら、初めの方の「函館の女」聞き逃しましたが、久しぶりの俳優あがたさんは適役でした。
函館が絡むところもね。