読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーワールドカップ、カメルーン戦

前半、松井のアシスト本田のシュートでの1得点で勝ち、好発進です。
昨夜11時から観ました。
正直期待してませんでしたが、わくわくはらはらいい試合でした!
同じ選手かと思うほど、カメルーン戦までの4連敗のときより、連携がよかったし
勝つことへの執念が感じられてしびれました。
きょうのテレビでは、本田はすっかりヒーロー扱いです。
ここ最近は、意外とパス回しが下手だし、歩くシーンも目立って、そんな特出した選手でも
ない気がしてました。
NHKの「スポーツ大陸」の特集を観て、天才肌というより、若いのに気使いのできる努力家に
思えました。むしろ逆境にも負けない雑草のような選手。
でも、本人も言ってましたが「持ってる」んですねえ
あのポジションで、落ち着いてシュートを決めたことに感動しました。
 また私の感動は大久保選手。
A代表では、結果も出すけど、相手GKと喧嘩したり攻めることしか考えない選手に思えて、頭冷やしてーと
何度も思いました。
ところが、最近の試合では、自分の得点より「勝つこと」第一にシフトを変えたかのような地味だが
センスある仕事ぶりに成長を感じました。
あーよかったあ!
嬉しくて就寝は、午前2時。
 そんな今日でしたが、職場は異動以来最大の、私への濃い仕事依頼で大変でした。
仕事量も多く「お残しして」帰宅しましたが、明日完成するだろうか?
へとへとでしたが、充実した一日でした。
とりあえず、一年は頑張るつもりです。