読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカーワールドカップ決勝戦

 W杯でこれを見ることが、一番の醍醐味。
しかし、時差の関係で午前2時から4時間半のテレビ生中継はキツイ。
そこで、すべて録画し、朝刊とテレビは見ない。
職場でもサッカーに関心ある人には近づかない。
話題も避ける。
という数時間を過ごし、帰宅してビデオを見ました!
私の中では、どこが優勝したか、わからない状態。

 オランダVSスペイン
どちらも優勝経験はないですが、実力は拮抗していました。
がっしりした体形で、攻守ともに「沢山練習してますから」が
試合に出ているオランダ。
「子供のころから夢なんです」ちょっとくらい演技してもファール欲しいしーのスペイン。
オランダのロッペン選手が「いい試合で負けるより、悪い試合でも勝ちたい」といったとか。
(テレビでのアナウンサー発言)
わかるなあ。結果がすべてなんだよね?彼らには。
世界中でプロとして活躍する選手は、特にそう思うだろうな。
(でも日本のスポーツ観は違う気がするけど。)
サッカー自体、自分がするとしたら一番したくない部類に入るスポーツなのに
好きですねー
ワールドカップのあのどんどんヒートアップして、勝つためなら何してもいい状態になる選手たち。
カーニバルみたいな観客。
 今日は中田英寿氏が、現地の会場でゲスト観戦していた。
穏やかな表情。もう一度サッカーしてみたいとさえ口走ってました。
「ひでー!」っと日本で観戦しNHK解説員になったもと同じ日本代表の福西崇史が呼びかけました。
チームワークがいいと、勝者スペインに対し感想を述べていた二人なのに、福西のタメ口にも中田は
敬語でした。
確かに4年前のジーコジャパンメンバーには、なかったなあ。チームワーク。