読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初笑いの宴

 1月8日に、イベント集中で、他の日はサッカーテレビ観戦でした。
アイスショー*1に出かけ、
夜はデヴィッド・ボウイオフ会の新年会に参加。
1月8日はボウイの誕生日。64歳になりました。
北朝鮮の三男さんも一緒の誕生日だそうで、これからはあの国も盛大に祝ってくれるでしょう。
複雑な気分。
 幹事Hさんの話はとっても楽しい♪
笑いに笑いました〜
一番最初に買ったレコードの話になり、全員に聞くと予想もしない曲だったりで面白かったけど、
H氏は(俺が一番やでぇ!)と言うかのようなガッツポーズで、自分はボウイの「ステーション・トゥ ・ステーション」と
嬉しそうに、最近発売になったSPバージョンを見せながらおっしゃられました。
「あれ?ここで凄いなあって言われるんだけどなあ」
「別に勝ち負けじゃないでしょ」「それに半数以上の人がもっと高価なデラックスバージョン買ったわけだし。」
と、ノリの悪い口の悪い皆に、最初に買ったレコードが、こうしてまたスペシャル版が発売になって、ボウイが当時の予想以上に長生きしてくれて
仲間とボウイの誕生日を祝える未来があるなんて、あの頃の自分に教えてやりたい。と発言されました。
それは、全員の思いだったでしょう。
お金では買えない幸福感をしみじみ味あわせていただきました。
オーナーはHさんのご学友だった方で、こんなサプライズが!!