読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西水丸さんと沢野ひとしさん

読書

先月イラストレーターの安西水丸さんが脳内出血で亡くなられた。享年71歳と知ってびっくりした。
「アルネ」のモデルさんした時も素敵でした。
熱烈なファンではないが、こんな大人になりたいなあと思わせるお一人でした。
私が、とても好きだったエッセイ集は「ぼくのいつか見た部屋」で、様々な人たちのお部屋をイラストともに紹介しています。
好きだったのに、見つからないのが残念です。
水彩画のタッチ、薄いみずみずしい色使いが好きでした。
その本の中でも紹介している「スノーボール」のコレクターでもあり、大人になってもこういうものが好きって言うのが、また好きなんです。
また、本に書いてあったので、ちょっと記憶が怪しいのですが、センスのいい若い友人に、毎月一万円分、彼の薦めるCDを購入してもらってるっているという話も好きです。私もこういう心の贅沢ができる大人になりたいと思いました。
なんかここ数年、携帯で簡単に音源が見つかったり、電子ブックが入り込んだりして、友達の家でわくわくしてCDや本棚の本をチラ見することもなくなったような気がします。便利だけれど寂しい気もします。 

 今日は、近々来客があるので雑誌も片付けてたら、週刊文春4月17日号の阿川佐和子さんの対談のお相手が「沢野ひとし氏」でした。たくさん共感してしまいました。この人は好き嫌いあるでしょうが、私は好きです。
いくつになっても自分だけの心の自由をもってる人だなあ。
 春になって職場も新しい体制になり私の向かいに、新人の才女がやってきて秒速で知恵を上乗せするのをみて、緊張しまくりの私。
安西氏の涼やかさ。沢野氏の前向きな自由な暮らしぶり。いいなあ…

ぼくのいつか見た部屋

ぼくのいつか見た部屋