読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルテュス展の記憶

 暑い8月の半ばに観たことが、つい昨日のことのようです。
バルテュス展には前回も京都で鑑賞しましたが、今回のほうが親しみやすい構成でした。
他人を入れることを好まなかったアトリエが、リアルに再現されていてバルテュスはどう思うだろうと
空想してしまいました。
勝新太郎にもらったきものとか…おもしろい展覧会でした。

 いつも思うのですが、バルテュスの絵の少女は、どの子もほぼ同じスタイルです。
椅子に座り、片膝を立て、もう片足は投げ出すように伸びている。まるで三角形の図ような。
このカタチがフォルムとして美しいのは「少女」だけだなあと思うのです。
お行儀悪いけど、まだ許される年頃。
もう少ししたら、現実的でしっかり者の女性に成長する。という予兆があるが、今は謎めいてもいる。
本当に好きな画家です。バルテュスは痩せていますが、大作が多いです。
93歳で亡くなりましたが、真の画家だったなあ
私は澁澤龍彦の本で、バルテュスを知りましたが、
デヴィッド・ボウイもファンで、自作の絵画をバルテュスに贈ったそうです。
このエピソードを勝手に空想してにやにやしてしまいます。
そうそうジャコメッティが好きなのも気が合うなあ。

ド・ローラ節子が語る バルテュス 猫とアトリエ

ド・ローラ節子が語る バルテュス 猫とアトリエ

友達に頂きました。読みやすくて美しい本。