読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

達成感ありの一日

 朝からWebTVでフィギュアスケート世界選手権を見るつもりが寝坊して、辛うじて小塚選手から見ましたが、
思いのほか結果が良くないのもあって、自分が悪いのに、半日ぐずぐずしてました。
どんなぐずぐずかと申しますと、iPodのシャッフル状態でお気に入りを聞きながら、テレビゲーム「FFT*1をする。
戦士は全部フィギュアスケート関係の名前にして…
これだと、一度に3つのことが考えられると実践してみたけど、相殺ってわかりました。
一番よくわかったのは「私って大バカだわあ〜」
 去年、食欲がなくなるほど、世界選手権にのめり込んで大変だったので、事前にPSPでかねてより欲しかったPSPバージョンのFFTをしてバランスとろうかしらと計画していたら、子供がご親切にもプレステーション2と「FFT」のソフトを出してきて37インチのTVに接続してくれました。
これは凄い〜
拡大すると、ちょっと画像解析度が悪くなってかすれた感じがまたレトロでいいのです。
たちまちイヴァリースの世界に夢中になりました。(音楽も世界観も大好きなゲームです)
もう何度も10年以上前に夢中になったゲームなので、今回は「ロールプレイング」というよりじっくり味わいたいと
思いました。中世の王位継承を軸に、階級問題を絡ませ世界史のようでありがら魔法が普通の世界。小さな小技のきいた仕掛けも楽しいのですが、たった一度の戦いで出会う敵の名前が「ハンニバル」とか「ディアギレフ」とか、非常に凝ってます。怪物のような顔つきのゴブリンが「雪嵐」なんて粋な名前だったり。
今日はぐずぐずのおかげで区切りのいいところまで進めたので、気が済みました。
じっくり世界選手権を応援しようかな
 午後からは、恒例の「イカナゴくぎ煮」を北海道の親類3件に13パック送りました。

いつもは淡路島の贔屓にしてる商店から直送してもらうのに、今年は40年目にして最悪の不漁だそうで…
数パックのみ分けて頂き、あとは別のお店を探し購入して発送しました。
 その後、ジュンク堂まで行き、取り置きしてもらったままになってる本を購入。
この本、出版社が倒産したので、先ず無理と思ってネットで問い合わせたら、ジュンク堂丸善にありました。
さすがだわーー
ジュンク堂には、読みたい本が何冊もあってココに↓メモして図書館でまず探すつもりです。
単行本は高いなあ

博物館の裏庭で (新潮クレスト・ブックス)

博物館の裏庭で (新潮クレスト・ブックス)

マーティン・ドレスラーの夢 (白水Uブックス)

マーティン・ドレスラーの夢 (白水Uブックス)

サレンダー

サレンダー

優雅なハリネズミ

優雅なハリネズミ