読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せとは…

 今78円で買った朝顔が、とってもかわいく淡いピンク色に咲いて朝の楽しみです〜
この朝顔を見ていると、20年も昔に亡くなった父が、はっきり横にいるようです。
夏の朝、父はランニングシャツ、ステテコ姿で、タバコを吸いながら毎日玄関の横に咲く朝顔を眺めていました。
秋が近くなると種を集めて「南天のど飴」の赤い缶に入れるのです。
父はお金持ちじゃないけれど、毎日とても幸せで楽しそうでした。
 今日、私は気が向いてネットに株の口座を開設しました。
証券会社で手続きをしましたが、社内で声高に「マネー」の話をする親父さんたちを見て「場違いなところにきちゃったかなあ」と、今日の父の幻影とで最近の「株買うぞ〜」モチベーションがどんどん下降しました。
 
 毎回お盆に帰省するたびに「金券ショップ」や「ネットオークション」で航空会社の株主優待券に奔走し、あー面倒だなあ。いっそ自分が所有したらいいんだけど。と思い続けてました。
前者の方が、疲れるけど安全なんですが、とどのつまり、「株主」ってのになってみたかったの!
でも、今の自分は、毎朝満足そうに朝顔を眺めていた父の幸せ感には、及ばないでしょう。

 また、今週は職場の研修である講演を聴講しました。
イラクの子供たちを中心に、イラク戦争での一般人たちの惨状ビデオ…
9.11事件はブッシュがイラクと戦争をしたかったきっかけになったこと。
全部が真実とすると、怖すぎです。
長崎で原爆資料館に行き、半年小さな照明なしでは、眠れなかったことを思い出すショックなお話でした。
講演された方は「広告」が戦争を引き起こすといいました。
あの時、貿易センタービルに飛行機が激突したあの時、皆だれかのせいにしたかったのかもしれません。
ブッシュが今思うとすごい速さでタリバンビンラディンと名指しした時、疑う人は少なかったと思います。
 巻き込まれ、大怪我をして痛そうな子供たち、つらそうな親たちのことっを思うと長崎の時のように、どーんと暗くなりました。でも忘れないでいたいです。