読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人げない大人

 昨日の高橋大輔選手のショートプログラム
素敵でしたねーー
目が眩んでしまって大変でした。(私の脳内で)
私は最高の演技を確信してましたが、その確信の予想5倍くらい上行きました。
 昨日は今日と振り替え休日にしてもらったのも、この日のためなんです。
ところが、また配水管から階下に水もれで業者さんが来られました。
今回は共用部分じゃなく家に原因がありそうで、修理負担はうちになる。
と、先日聞かされ、すっかり脱力。
こんなことで、お金を使うのが大嫌いだあ〜
おまけに17日の午前。ずっと待ちに待っていた高橋選手ショートのこの日に工事するなんて!
しかし、昨日の朝調べると(我が家はふつうの生活していたのに)階下に水漏れの後がなく、原因がわからなくなりました。結局様子をみようということで思いがけなく中止になりました。
 今、職場も年度末に向かい、普段の仕事のほかにもあって休みづらいのですが、
17日振り休、19日も休みにしました。
職場の若い友人が、「プルシェンコが金メダルだって!」と、ワイドショーネタをお昼休みに延々話すのが、
我慢できず、今日は外食しました。
同僚に仕事の工面を頼んでまで2日休も、諦めない私。
あー大人げない行動の数々。

後悔しないけど、こんなに好き放題なことばっかりやっていていいのかとも思いましたら、
こんな本発見! 
 

大人げない大人になれ!

大人げない大人になれ!

 作者の成毛眞は、西和彦とともに、パソコンが「マイコン」と呼ばれたころに、先見の目でマイクロソフト社と関わっていった人ですよね。1980年代わくわくして関連本を読みました。
ちょっとそそられるタイトルです。
そうなのか、「大人気ない 」はキーワードなのか?
読んでおこうかなと思いました。

 この本もリーサーチものですが、(内容自体は古いが、姿勢は今も正解だと思う)
好きな本です。

私たちは大人少女―強さとしての「少女性」

私たちは大人少女―強さとしての「少女性」